● オメガスペース開発・対応例


キャラクタオプション(東工大・関西学院大などとの共同研究)
VR空間にキャラクターモデルを表示し、防災シミュレーションや、人が居る環境の評価など、 各種シミュレーションに、多数の人物を容易に配置して動かしたり、アバターとして用いたりすることができます。
キャラクターオプション



双眼鏡型強化現実呈示装置(早稲田大学・凸版印刷株式会社の共同研究)
現実の空間の中にモデルを表示し、あたかも実在するかのように体験者に呈示する技術です。
この研究では、平城京大極殿を再現することが試みられました。

 
オメガスペース



ログ取得機能(日本大学医学部など)
体験者の行動を記録し、再生することやデータを集積・検証するための機能です。

オメガスペース
           



多人数共有(経済産業省、デジタルコンテンツ協会など)
ネットワークを利用して複数の体験者が同一の空間を共有することが可能になります。

オメガスペース



配布版コンテンツ(独立行政法人 消防研究所など)
コンテンツをCDなどで配布し、研究成果などを情報発信する広報資料としての展開も可能です。

オメガスペース
             



裸眼3Dディスプレイ対応(シャープ株式会社など)
特殊なメガネなどを使った立体視だけでなく、各種裸眼立体ディスプレイにも対応可能です。

裸眼立体   


オメガスペース概要オメガスペース機能マルチ画面同期システム|開発・対応例|VRシステム活用事例 機能詳細本体価格オプション価格オメガスペースeバージョンバージョンアップ情報

製品情報トップに戻る
CopyRight Solidray.,Co.LTD. All Right Reserved.