2008年3月納入
 

 

日常生活の中で省エネや環境に対する様々な「気付き」を高めてもらうことを目的に工学院大学建築都市デザイン学科 中島研究室(株)ソリッドレイ研究所は、「エコライフ情報システム(EcoLIVES)」を共同開発し、試験稼動を始めました。

 


「エコアパート」

EcoLIVESは、「省エネと居住者の快適性の両立」に向けた新たな住宅省エネルギー支援システムで、 住戸(アパート)内外に設置した測定装置から、環境・エネルギーデーターをサーバPCに収集・蓄積し、そのデーターを住戸内モニターにリアルタイムで表示します。そして、窓の開け閉めなど、外部環境を配慮して住まい手に様々なアドバイスを行います。

EcoLIVESは、工学院大学 中島准教授が企画され、ソリッドレイ研究所では、サーバーに収集・蓄積されたデータを、リアルタイム表示する部分をオメガスペース(特注)で開発し、またコンテンツ制作全般と、ハードウェアのシステムインテグレーションを担当致しました。

 

 


「モニター内のバーチャルエコアパート」
モニターにはバーチャルエコアパートがあり、 アバターの畑楽蔵(はたらくぞう)くんが畑をたがやしたり、居間で昼寝をしながら暮らしています。

 

●省エネをリアルタイムにアドバイス!

 

「電力・室温・ガスモニタ」

各部屋の気温や電気・ガス・水道の使用量が一目でわかる!

 

 

「省エネアドバイス表示」

外部環境を配慮して、住まい手に アドバイス!


「CO2排出モニタ」

様々な計測データが見れます!

●アバターを育みながら、楽しく省エネ行動を身につける!
畑楽蔵くん(アバター)は、住まい手の省エネ行動の実行によってエコポイントを得て成長し、やがて姿を変えていきます。逆に何もしないでいるとポイントは減少し、アバターは退化します。

「快適度チェック画面」

アバターの話すアドバイスは、各住戸の住まい方や快適環境の感じ方の違いを学習しながら、それぞれ異なった変化をしていきます。

◆計測項目

・外部気象(温湿度・風向風速・日射量・降水量)

・建物内温湿度(室内・床下・屋根裏)

・電力消費量

・ガス消費量

・水消費量 (※床下・屋根裏温度はモニタ表示はありません。)


◆ソフトウエア: オメガスペース(詳細はこちら→)

 


 

◆「EcoLIVES」掲載記事

エコアパートの本
書籍 「畑がついてるエコアパートをつくろう」