絶賛デモ中
「危険誘発体感装置」とは・・・
意図的に作り出された危険な状態に自分があると錯覚し、災害に遭ってしまう装置を意味します。
危険誘発体感装置とは
開発背景
 ソリッドレイ研究所の持つVR技術で安全教育に貢献できることはないか?という想いから、 2006年に旧セーフマスターが開発されました。
 製造業における労働災害での年間死傷件数は、15年前から 30%ほど減少しています(※)。これは、各企業が安全教育に尽力してきたことが一因であり、安全教育の強化が労働災 害の減少につながる、という証明でもあります。
 私たちは、安全教育のニーズは継続的に高まっていくと考え、より高い効果を求めるべく、新しい危険誘発体感装置「セーフマスター」を開発しました。
(※)
以下、厚労省WEBページ、項目「「労働者死傷病報告」による死傷災害発生状況 (平成 16年確定値 )」 Excel資料内( @業種・局ページ、 AW98セルの値)
https://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/tok/anst00_h16.htm
及び
以下、厚労省WEBページ、項目「「労働者死傷病報告」による死傷災害発生状況 (令和元年確定値 )」 Excel資料内( @業種・局ページ、 AW5セルの値)
https://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/tok/anst00.htm
より算出
特長
  • 「セーフマスター」は、VR技術により、自分の手が事故に遭う"錯覚"をリアルに体験することができます。
  • 「CGの手」が「自分の手」に一致して実寸大表示され、クロスモーダル現象により錯覚・認識した手が思った以上に危険な箇所に近づき被災してしまう、という効果を利用しています。
  • 箱型の筐体に必要な機器をすべて収めており、煩わしい設定なく、ボタン一つで起動・終了を行う事ができます。
  • 筐体にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が固定されているため、通常のVRシステムに比べ、HMDを装着する手間がなく、安定した映像提示を実現しています。
  • 人間工学に基づいた設計により、自然な作業姿勢で体験できます。
  • 体験者の身長に合わせて接眼部(HMD)の高さを変更(身長 160cmまたは 170cm)できます。
  • 本製品は、以下の特許技術を基盤にしています。
    @早稲田大学、三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社との共同特許(特許第4906397号)
    A早稲田大学との共同特許(特願 2020-098975)
コンテンツ
本製品には以下の3つの災害事例コンテンツが含まれます。

清掃編(巻き込まれ災害)

巻き込まれ災害

金属プレス編(挟まれ災害)

挟まれ災害

液抜き作業編(被液災害)

被液災害

オプション
以下のオプションがございます。
・ お客様用オリジナルコンテンツお客様用オリジナルデバイス
  (切創対応コンテンツ/デバイス、巻き込まれ対応コンテンツ/デバイス、
   感電対応コンテンツ/デバイス、など)
・ 各身長対応機能/衛生用品/運用用品、など

体験の流れ
ユーザーは自分の手を動かすようにCGの手を操作し、作業を疑似体験できます。
危険領域にCGの手が近づくと、リアルな災害が発生します。
ユーザーは自分のてが災害に巻き込まれる”錯覚”を引き起こし、臨場感のある災害を体験できます。
体験イメージ

用途
・ 製造現場における労働災害防止のための教育研修
・ 過去の災害の追体験(労働災害防止啓発活動等)
・ 製造の組立工程・手順などの教育
・ 職場の達人の技を体験・習得できる技能伝承(※)
・ 手術などのシミュレーション(※)
・ アミューズメントへの応用(※)
   ※・・・視線計測機能の活用を期待

機器構成
・ PC
・ HMD
・ ペンタブレット
・ マウスデバイス
・ スピーカー
・ VR専用ソフトウェア
  (オメガスペース
機器構成

スペック
・ 解像度・・・2880×1600pixel
・ 視野角・・・対角 110度
・ 筐体サイズ・・・W690mm×D680mm(最大)×H940mm(※接眼部の突起含む)
図面
・ 本体重量・・・45kg
・ 消費電力・・・700W
・ 動作環境条件・・・温度10〜35℃、湿度20〜80%
・ 体験に必要なスペース・・・W1000mm×D1500mm

開発・販売:株式会社ソリッドレイ研究所
監修:早稲田大学 河合隆史教授(博士(人間科学),認定人間工学専門家)
PDFカタログ

カタログダウンロード


メール問い合わせ