この「fire cube」は、約15uの実験室の一面に150インチの平面スクリーンを設置し、立体映像でCGによるビル火災を再現する火災擬似体験システムです。

実験室内では、体験時に煙発生装置、熱放射装置、立体音響装置により、実際に煙、熱、音を通じて、全身で火災時の環境を体験することが可能です。

このシステムで弊社は、日商エレクトロニクス(株)様を通じて、VRコンテンツ、ソフトウェアを納入させていただきました。


※このシステムは、独立行政法人消防研究所様と(株)フジタ様により共同開発されたものです。
       
               
     
               
 
ソフトウェア
オメガスペースを基本とした特注ソフトウェア
コンテンツ
ホテルニュージャパン火災をテーマにした避難事例の再現
   

納入事例一覧に戻る