事例タイトル

横浜の夜を彩るアートイベント
「NIGHT SYNC YOKOHAMA」

株式会社 横浜メディアアド 様

2019年10月納入

NIGHT SYNC YOKOHAMA 演出イメージ

NIGHT SYNC YOKOHAMA 演出イメージ

2019年11/1〜12/27に開催された「NIGHT SYNC YOKOHAMA」@横浜 新港中央広場にて、ソリッドレイ研究所の技術が採用されました。

「NIGHT SYNC YOKOHAMA」とは、齋藤 精一氏(株式会社ライゾマティクス代表取締役) をクリエイティブディレクターに迎え、 美しいイルミネーションと先端技術を活用した都市的スケールの光をシンクロさせる、夜のアートイベントです。

弊社ではマルチ画面連動インタラクティブ映像システム設計・センシング技術開発及びコンテンツ制作のほか、システム全体のタイムライン管理・制御コントロールを担当しました。
具体的には、12台のセンサ、4台のプロジェクタを使用し、広範囲(15m×15mの床、10m×10mのスロープ、高さ3mの壁)にわたる空間を制御しています。

「タップトーク」「WebAR」「周辺施設のイルミネーション」が連動して変化する特別演出プログラムなど、多くの人に横浜の夜を楽しんでいただきました。

以下、動画をご覧ください。↓↓

● 主催 : クリエイティブ・ライト・ヨコハマ実行委員会
● 納入先 : 株式会社 横浜メディアアド 様
「NIGHT SYNC YOKOHAMA」 公式ページはコチラ : https://night-sync.yokohama/



納入事例一覧へ