大哺乳類展!
青森県立美術館でタップトーク

青森放送株式会社/株式会社東奥日報社 様

2013年3月納入


青森県立美術館で開催された「大哺乳類展」(2013年3月16日〜6月9日)にて、
床面インタラクティブ映像「タップトーク」が採用されました!

本展覧会では国立科学博物館(東京都)が所蔵する希少生物や絶滅危惧種などの
剥製や骨格約90点が一挙公開され、10万人を超える来場者でにぎわいました。
ソリッドレイは展示空間内の通路に人が入り込むと映像が変化する
インタラクティブシステムを担当しました。
「花畑」、「水の波紋」、「砂漠」といったコンテンツが 一定時間で切り替わってゆきます。


★↓以下、会場の様子をご覧ください↓★

会場の様子


花コンテンツ

子供たちが夢中です♪

水コンテンツ

不思議な床に興味津々!

≪映像コンテンツ例≫

花コンテンツ

芝生を踏むとお花畑に!


砂漠コンテンツ

砂漠が緑に!


砂漠コンテンツ

大哺乳類展ポスター



概要
●納入先 : 青森放送株式会社/株式会社東奥日報社 様
●システム構築 : ソリッドレイ研究所(横浜:045-324-6841)



タップトーク

納入事例一覧へ