この「災害遭遇バーチャルシアター」は、バーチャルリアリティ技術を活用し、火災の発生したショッピングセンターからの避難シミュレーションを通じて、災害時に適切な避難行動を行うための知識を得ることができる体験者参加型のシミュレーションシステムです。
PCをネットワークで結び、バーチャル空間を共有し、最大16名が同時にシミュレーションを体感可能です。



  奥のスクリーン上で、体験者の行動がリアルタイム表示されます。  




システム概要
PC Pentium4,Geforce ×18台
ソフトウェア オメガスペース(ソリッドレイ研究所開発)
モニター 15インチ液晶モニター



・光地区消防組合消防本部様
・(財)日本科学技術振興事業団様
・(株)京都科学様
・(株)千代田ソフトプランニング様
・エヌ ティ ティ ラーニングシステムズ(株)様