未来のクルマを疑似体験
CES2018 米国ラスベガス

2018年1月納入

<< 概要 >>
2018年1月に世界最大規模の家電見本市「CES」がラスベガスで開催され、トヨタ自動車の最新コンセプトカー(CONCEPT-愛i)の展示に、ソリッドレイ研究所の技術が採用されました!
コンセプトカーにはAIエージェント「YUI」を搭載し、「人を理解し、共に成長するパートナー」を目指しています。

具体的には、音声(会話)認識、表情認識、視線検知や感情推定などを駆使しており、ソリッドレイ研究所では、これらの複雑なデバイスプログラムを統合調整し、未来のクルマの疑似体験を実現しました。
※描画、制御には自社開発のVR専用ソフトウェアオメガスペースを使用しています。

CES2018会場

CES会場
ラスベガスコンベンションセンター

▼▼▼ 体験動画はコチラ ▼▼▼

 


━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥
「家電」の見本市であるCESで、なぜ自動車が展示されるのでしょうか。
近年、自動車は単なる移動ツールではなく、人々の生活を支援するITデバイスとして進化する傾向にあります。
テクノロジーにより生活を手助けする家電へと、自動車業界が歩み寄ってきたといえるのかもしれません。
━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥


納入事例一覧へ