2003年4月納入


2003年春に公開された凸版印刷(株)様と早稲田大学国際情報通信研究センター(GITI)様の共同研究による「平城京フィールドミュージアム実証実験」プロジェクトにおいて、プロジェクト用デバイスの一つとして、GITI河合隆史研究室により開発され、ソリッドレイ研究所が製作した「双眼鏡型強化現実感呈示装置」が採用されました。

このプロジェクトは、文化遺産の魅力を最大限に得るために「強化現実技術」を活用した、新しい文化財保存活用環境の実験で、具体的には、双眼鏡型呈示装置内で、実際の風景とCGで作られた建造物を重ね合わせて呈示し、貴重な文化遺産を「生きた」状態で残し、活用していくための実証実験が行われました。

 


実際の平城京大極殿跡付近に設置

 

   
   
大極殿跡の実風景とCGの大極殿を呈示装置で融合し、臨場感あふれる情景を再現します。

 

システム概要
表示装置 双眼鏡型強化現実呈示装置
ソフトウェア オメガスペース(ソリッドレイ研究所開発)