新年明けましておめでとうございます。
相変わらず厳しい不況が続いておりますが、
皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

弊社も厳しい不況の嵐をしっかり
体験しています。最近、「3Dテレビ」などのニュースを良く
耳にするようになりましたが「何故、立体映像がいいの?」
という単純素朴な原点をクリアしてないように思えます。
「飛び出るからいい」とか、ましてや「立体だからいい」
とかでは、足元が弱いように思います。このハードルをどうやって
越えるのか?推移を見守って行きたいこのごろです。


さて、正月のTV番組を見ていたら「福袋」の話題が
取り上げられていて、不況でも3万、5万とかの袋が
売れているらしいです。

番組のアナウンサーが言ってましたが、
「福袋」という商品は外国には、無いんだそうです。

私は、以前からこの「福袋」が不思議で不思議でしょうがなかった
ものです。何が入っているかわからない袋を大金(?)を出して
どうして買うのだろうか?不思議です。

これは、我々日本人が、与えられたものを受け入れる順応性が高いから
なのでしょうか?そういう方向の感性が強いからなのでしょうか?
もしかしたら、中身が分からないプレゼントをもらって、その箱を開ける瞬間の
未知への期待感、好奇心などを求めているのでしょうか?不思議です。
自分で気に入った物を買うのが、普通だと思うのですが、福袋にはそれが
ないのです。まさか「日本人は、自分で決める」という事が苦手なのでしょか?



案外短かったお正月休みも終わり、世の中はいつも通りに動き始めました。
今年はどのような年になるのでしょうか?
福袋を少しづつ開けるように、期待感を持って今年の行方を見守っていきたいと思います。


 kambe@solidray.co.jp 読者の皆様からのご意見・感想もお待ちしております。