ごあいさつ
会社概要
沿革
主な納入先
アクセス/地図
沿革
1987年 2月 株式会社ソリッドレイ研究所設立
  5月 立体映像装置「RAY20」開発
1988年 2月 日本シリコングラフィックス社(現日本SGI株式会社)との代理店契約を結ぶ
  7月 GWS立体映像装置「イントロンBSキット」、PC98用立体映像装置「イントロン98」を発売
  9月 流体解析結果立体表示ソフト「FlowEyes」IRIS版を開発
12月 3次元構造物立体表示ソフト「FutureWork」IRIS版を開発
1989年 4月 科学技術館様のご依頼により、リアルタイム・シミュレーションシステム「原子の探検号アルケーアクシオン90」を製作
  8月 大成建設(株)様との共同開発により、流体解析ソフト「TRFV」を開発
1991年  9月 「FutureWork」にて、VR装置のサポートシステムを開発
1992年  7月 宇宙開発事業団様のご依頼により、「人工衛星ランデブ・ドッキングシミュレータ」を納入
1994年  6月 VR用大型湾曲スクリーン「アーチスクリーン」を松下電工(株)様と共同開発し、販売を開始
1995年  6月 VRアプリケーションソフト「リアルマスター」を開発
8月 科学警察研究所様のご依頼により、ドライビングシミュレータを開発・納入
1996年  3月 業務拡大に伴い本社を移転(現YTUビル)
  3月 慶應義塾大学医学部様に、内視鏡手術シミュレーションソフトウエアを納入
10月 東京電力(株)TEPCO銀座館様に、4面リアルタイムシミュレーションシステム「バーチャルマジックシアター」を納入
1997年  2月 (株)東京現像所と共同で「VRドーム」の独占販売を開始
1998年 7月 東京電力(株)TEPCOSONIC様に、「3面マルチシミュレーションシステム」を納入
1999年 3月 奈良先端科学技術大学院大学様に全周型スクリーンシステムを納入
3月 労働省産業安全研究所様に「ヒューマンエラー評価システム」を納入
  3月 文部省メディア教育開発センター様に教育用立方体型VRシステム「TEELeX]を納入
  6月 傾斜型VRスクリーンシステム「パワースロープ]発表
  6月 仮想空間構築・体験ツール「オメガスペース」を発表
  6月 PCを並列に組んだマルチプロジェクションによるVRシステム「プラグズ」を発表
2000年  1月 日立製作所と共同で、中央労働災害防止協会様に事故疑似体験VRシステムを納入
12月 台湾国立科学博物館様に展示用VRシステムを納入
2001年  4月 中国石油様(台湾)に展示用VRシステムを納入
  4月 長崎市立長崎ペンギン水族館様に「バーチャル水族館システム」を納入
  7月 VR空間コミュニケーションツール「WizEye」発表
2002年  3月 日本科学未来館様にVR展示技術用VRシステム「VRLab」を納入
  4月 海洋科学技術センター様に広報用として、傾斜型VRシステム「パワースロープ」を納入
  8月 奈良先端科学技術大学院大学様に3面傾斜型スクリーンシステム「VisualValley」を納入
  10月 リクルートコスモス様にマンション販売支援ツールとして「高精細立体表示システム」を納入
2003年  3月 アド・プロビジョン(株)様を通じて、「京都水フォーラム」の関連イベントの3DCGコンテンツを担当
4月 日商エレクトロニクス(株)様を通じて、独立行政法人消防研究所様の「Fire Cube」に VRコンテンツ、ソフトウェアを納入
  5月 「平城京フィールドミュージアム実証実験」で、凸版印刷(株)様・早稲田大学国際情報通信センター 河合隆史研究室様が「双眼鏡型強化現実感呈示装置」を採用
  9月 「洪水被害擬似体験」システムを松江市に納入
  10月 愛・地球博VRシステムを(財)2005年日本国際博覧会協会様へ納入
2004年  1月 オメガスペース3.0へバージョンアップ
  1月 VR入門書にオメガスペースが採用される
  3月 経済産業省様より「次世代ヒューマンシミュレーション等推進事業」の委託を受け、ヒューマンモデル機能を開発
  12月 床面を利用した情報提示ツール、インタラクティブグランドスクリーン「タップトーク」を発表
2005年 2月 株式会社美貴本と共同で、クアラルンプール図書館様に展示用VRシステムを納入
  5月 「新世紀・名古屋城博」のコンテンツ『名古屋城本丸御殿「風流語り」』が
中部映像関連事業者協会 映像コンテスト デジタル部門においてグランプリを獲得
  12月 立正大学様に「VR遠隔教育」システムを納入
2006年 2月 ハワイ島イミロア天文学センター様へ国立天文台様の4D2Uシアターシステムを納入
  5月 早稲田大学河合隆史助教授により開発された技術を基に労 働災害擬似体験VRシステム「セーフマスター」を開発・発表
  6月 合意形成を支援する新世代電子図面システム「デスクMMI」を発表
  12月 独自技術を基に新空間ソリューション「タップトーク2」を開発・発表
2008年 8月 三菱みなとみらい技術館様へ設計・操縦体験システムを納入
2009年 6月 株式会社TBSテレビ様「黄金の都シカン」展に3Dシアターシステムを納入
2010年 3月 早稲田大学様にVRシステムを納入
  10月 関西学院大学様に「触覚フィードバック提示システム」を納入
2011年 3月 秋田県立大学様に「マルチ画面投影システム」を納入
  4月 株式会社NHKアート様を通して、西安世界園芸博覧会に「巨大映像トンネル」を納入
  5月 神奈川大学様に「身体機能パラメトリックシミュレーション装置」を納入
  9月 株式会社トータルメディア開発研究所様を通して、カップヌードルミュージアムに「タップトーク2」を納入
  11月 月島第三小学校様にて3D学習会を実施
2012年 4月 株式会社ティップネス様に「タップトーク2(三面)」を納入
  7月 株式会社日揮様のプレゼンルームリニューアルに伴い、システム一式を納入
  7月 香港最大のアニメフェア(ACGHK)にて「VRシステム」を採用
  7月 株式会社つむら工芸様を通して、ジョジョ展(東京)にて「タップトーク2」を採用
2013年 3月 青森放送株式会社様、株式会社東奥日報社様を通して大哺乳類展(青森県立美術館)に「タップトーク2」を採用
  8月 直角2面型スクリーンシステム「デュオサイト」発表
  12月 一般財団法人デジタルコンテンツ協会を通して、「日・ASEAN特別首脳会議」に併せて開催されたアセアン・フェア2013へ「VRシステム」を招待展示
2014年 1月 阿南工業高等専門学校様の情報メディア教育の一環として、「4面マルチスクリーンシステム」を納入
  7月 株式会社サンリオエンターテイメント様を通して、サンリオピューロランドのミュージカル「ディジュエルペットの魔法のミュージカル〜誕生!リトルレディジュエル〜」に「多人数同時インタラクティブシステム」を納入
  7月 株式会社ビス様を通して、株式会社ビズリーチ様に「タップトーク2(3面)」を納入
  7月 株式会社丹青社様を通して宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)に「タップトーク2」(「私の足跡」ほか)を複数納入
  7月 長崎大学教育学部様に平和教育のための「VRシステム」を納入
  11月 株式会社テレビ東京様を通して、一般社団法人日本民間放送連盟主催の第62回民間放送全国大会、大会式典オープニング演出にてダンスパフォーマンスと映像を融合させた「拡張現実システム」を採用
2015年 2月 住宅支援システム「ALTA」とオメガスペースを連携させた「VRシステム(デュオサイト使用)」の発表
  6月 自社開催のプライベートショー「EVA(エヴァ)」にて最新技術を駆使したVRシステムを多数展示、2日間で500名以上を集客
2016年 4月 株式会社ルクサ様『ルクサ Taste in visual Dinner 〜ちょっと不思議な体験レストラン〜』発表(ソリッドレイ研究所のVR技術を採用)
  6月 複数人でVR空間を共有するVRシステム「オメガシップ」を発表
 
※納入先は、納入時の名称を表記しています

PAGE TOP