ユーザ訪問

VRの先端研究に3Dプロジェクタ
『Sight3D』をご採用いただきました!


南澤 孝太 様


慶應義塾大学大学院
メディアデザイン研究科
助教 博士(情報理工学)
http://tachilab.org/
http://minamizawa.jp/


VRの先端研究の現場でも、3Dプロジェクタ『Sight3D』をご活用していただいています。
ユーザーである、慶應義塾大学 大学院メディアデザイン研究科の南澤先生にお話を伺いました。

2011年2月


3次元の触覚ディスプレイ

3D映像に、ペンでタッチ。その触覚が手に伝わる…

しかもそのペンを使って、3次元空間に線を引き、物体を生成できる!


研究室で見せていただいたVRシステム「Pen de Touch」は、SFのような未来の映像体験を予感させる、さわれる3次元モデリングシステムでした。

 

ペン型デバイスによる触覚の提示とモデリング

南澤先生:

「触覚デバイスを、シンプルな形で実現できるシステムを研究しています。
従来のVRでは、触覚を与えるとなると非常に大がかりなシステムが必要とされていました。
でもこのシステムでは、シンプルなペン型のデバイスによって、詳細な力覚を提示することができます。」


OpenGLの立体視に3Dプロジェクタ『Sight3D』をご活用

このシステムでは、3次元CGをOpenGLによって描画しています。
この3次元CGを立体視するために、 ソリッドレイの3Dプロジェクタ『Sight3D』をご活用していただいています。

ペン型触覚ディスプレイ

3Dメガネをかけると、本当に物をつついているように感じます!


短焦点が役立ちました

3DプロジェクタSight3Dは、このシステムの中に組み込まれています。


3Dプロジェクタ

ディスプレイの裏から3D投影。

南澤先生:

「こうした組込みシステムや、展示なども多いので、距離をとらずに簡単に設置できるSight3Dの超短焦点モデル(U27)を選びました。
ミラーも使わずこの大きさの立体映像が投影できて、とても助かっています。」

今後の展望

南澤先生:

「3次元モデルに触れることができる利点をさらに活かしていきたいですね。
触覚情報を多様にしたり、押して変形させたり…。
実用も見据えて、研究を進めていきます。」




【編集後記】
これからおとずれる未来の一部を、一足早く垣間見させていただいた気分です。
つい興奮してワクワクしてしまいました。

先生の研究、今後も楽しみしています。
南澤先生、ありがとうございました。


コンパクト3DプロジェクタSight3D


ユーザー訪問一覧に戻る